2014年08月08日

立佞武多の館でもカットりんご販売中!

前線が東北地方に停滞し、今日も弘前は朝から雨が降り
今、ようやく雨は止んでいます。
通勤途中の川は水位が増し、りんご畑を除くと、結構 
りんごが散乱しているところもありました。
さて、青森・弘前の夏祭りが終え、五所川原の立佞武多
が今日 最終日を迎えます。
20数メートルの高さのある山車が練り歩くなんて まさに
圧巻です。私なんか祭り好きなので、囃子が聞こえて来ると
血が騒ぎだすから…
見に行こうかなんて考えると仕事が手につかなく
なるので 考えないことにします。
実は立佞武多の館でも弊社のカットりんごが販売されています。
多くの観光客に青森のりんごを食べて頂きたいな~。
皮を剥かず生ごみもでず、しかも2週間 日持ちするので、
ぜひ 食べてみてくださいね。standpack.jpg

posted by ヒロサキりんごちゃん at 12:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ネプタでねむ~いを吹っ飛ばせ!

弘前ねぷたも8月1日に開幕し、大勢の観光客が町を訪れました。
昼は弘前城や観光施設を見学し、夜は火祭りを楽しむことが定番と
なっており、弘前ならではの古都の風情、観光の楽しみ方ができます。
私も鬼沢ねぷた同好会に所属し、今年は友好都市「太田市長賞」を
受賞しました。可愛い園児たちの子羊の装いに観客は大きな声援を
送り、太田市長賞獲得の大きな原動力となりました。
祭り期間中は、雨混じりのお天気が多かったですが、4日の人出は
23万人と沿道を埋め尽くしていました。ねぷた2.jpg
鏡絵 三国志 甘寧奮戦の図ねぷた1.jpg
見送絵 夢幻

さて、ねぷたの由来 様々ありますが、定説では収穫期を前にした労働の
妨げとなる睡魔を追い払う「眠り流し」の祭りだそうです。津軽弁では
眠いを「ねんぷて~」といいます。ねぷたと言葉が似ていると思いませんか。


posted by ヒロサキりんごちゃん at 15:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。